2006年11月02日

Core Rulebook

ざっと目を通してみました。

内容はかなりうすっぺらです(笑)
位置づけとしては、RQ3rd日本語版の基本ルールブック、といったとこでしょうか。
これだけでは、ちと運用が困難っぽいですね

雰囲気は2ndテイストが随所に入ってます
また、DD3にもかなり影響をうけてるっぽいですな

戦闘ルール自体はかなり簡略化されていて3rdでネックだったプレイアビリティーは改善されてる感じ
でも、1ラウンド(5秒)に2-3回交互に殴り合うことになったので、前より忙しいかも。

なお、スピアのスキルには剣や斧と違って1H、2Hの違いがないのだが、どう扱えばいいんだろ?
今のところ謎です

また、以前のスピリットマジックがルーンマジックというものにかわってるんだけど、これには、ルーンという貴重な品が必要になるらしくて前のように誰もが使うというわけにはいかなそう。なのだけれども、それがどの程度入手しやすいのかもよくわからず。
このあたりは今後の情報待ちかな

魔法の抵抗が技能ベースになったことがどう影響するのかも未知数

あと、ヒーローポイントとかレジェンダリーアビリティーとかが新しく追加された要素としてあるみたい

ともあれ
これ一冊では何もできないですな
Companion待ちです。とほほ

でも破綻したルールというわけでもなさそうなので一安心
ラベル:RQ
【関連する記事】
posted by vivamort at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。